『詩(うた)の駅』への、お誘い。

今週の土曜日、JR岐阜駅にて、 朗読ライブ『詩(うた)の駅』を開催いたします。 ホームページ http://necotoco.com/utanoeki/ 大阪、三重、北海道、そして地元の岐阜から、 朗読詩人たちが集まり、 「より伝わりやすいコトバとしての詩」を、 みなさんに、お届けいたします。 キャストのメン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『月満ちる詩ボク懇談会』

『月満ちる詩ボク懇談会』 開催場所 愛知県(名古屋市中区新栄3-16-21 『空色曲玉』) 告知をさせていただきます。 みおよしきが、 来月の24日(火)に、 あの『詩のボクシング』第9回全国大会チャンピオンの、 さのまきこさまと、ジョイントライブすることになりました。      ■□ 『月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千億の昼と夜

   千億の昼と夜    湯を沸かし、 さましておく。 挽きたての米糠は、 果物の香りがする。 塩をふり、 湯冷ましをそそぎ、 きれいな手で、 捏ねる。 みずみずしい葉っぱの野菜を入れる。 二日、三日と、繰り返す。 ぬか床の始まりは、 それでいい。 その後は、 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

父と母のこと。

    父と母のこと。 ほんとうは、 両親のことを話したくありません。 でも、不思議なことに、 詩は、そんなところにやってくるのです。 わたしの父と母は、 知恵遅れでした。 父親は、生まれつきの学習障碍で、 母親は、十歳の時、日本脳炎になり、 その後遺症でした。 ふたりは京都の生ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カタバミの葉は夜閉じる

  カタバミの葉は夜閉じる       トランプの、 ハートマークは、 農業の道具、 「鋤」を形取ったと聞いたことがある。 スキ、すき、好き。 「あなたを鋤で掘り返したい」 そんな……馬鹿な。 カタバミを知っていますか? 訊くまでもないこと。 だが、 わたしは、四十八歳になるまで その名を知らな…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

わたしは忘れない。

    勿忘草      「息子を亡くして、  あき、ふゆ、はる、なつ、  やっと、心が一巡りしました」    わたしは、  忘れている。  滝の音がする水辺で語りあいながら、  いったいどうふうに、  あなたにを慰めたのだろう。    「詩を詠んで」と、  あなたが言ったとき、  わたしは  鈍…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わたしが馬だ。

    骨の馬     どうしたの?  盗まれたんだろうか、  街角にぽつんと  乗り捨てられている自転車を見ると、  あばらの透けた生き物のようで、  地面に映った影までやるせない。    子どもが一人で歩けたとき、  周りの大人は とても喜ぶが、  初めて自転車に乗れた時にも、  拍手をして褒め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more