青いノォト

アクセスカウンタ

zoom RSS 『詩のあるからだ』

<<   作成日時 : 2005/03/09 14:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は、名古屋八事のオープンマイク、詩のあるからだに行きます。続きは、帰ってきてから――

行ってきました。二ヶ月ぶりの『詩のあるからだ』です。

今回、新しくいらっしゃった方は、岡本はなびーるさん『ぼろぼろの』という詩を詠まれました。(web同人詩誌:めろめろより)初めてお会いしたのは、他のオープンマイクでしたが、いきなり実力者登場だなと思ったものでした。愛知の詩文化、層が厚いですね。恐るべし。

 また、参加は二度目のようですが、わたしはこちらでは初めましての、サトル(二足歩行クララ)さん。パフォーマンスアートで、踊られました。なんだろう……真っ赤な衣装とバンダナで、「躍動するヨガ」という詩的表現で、妖しい華が咲きました。

 短歌からは、荻原裕幸さん、魚柳しのさんのお二人。何度か、お会いしていますが、今夜は、一番手、二番手という続き方で、朗読者としては申し分ないのだけれど、ラインアップとしては、どちらかの方が、後の順番になっていたほうが、バリエーションとして良かったと感じました。一般のお客さんも多くて、開始直後は、まだ場内がざわついていましたから、引き寄せて聞かせるタイプのお二人には、お気の毒のような気もしました。まあ、どなたが出ていっても、開始直後の朗読は、難しいのですが。わたしも、トップバッターは自信がありません。

わたしは、『さようならウルトラマン』を詠みましたが、また勘違いして、少し歌ってしまい、申し訳なかったです。

主宰の、若原光彦さんは、新作をバーン行きました。いずれこの方のサイトでテキストが読めるでしょうが、「また脱皮したのでは?」というか、意欲作というか、怒っているというか、笑っているというか、びっくりしました。若原さんの詩では、よくびっくりさせられますが、また、びっくりしました。『挟まれている』のリフレーンが続きますから、題名も同じでしょうか、すみません、ここまで書いておいて聞き忘れました。

 鈴木陽一レモンさん、古村哲也さん、ISAMさん、夏撃波さん、常連の皆さんは、やはり、場に慣れておられるし、安心して聴いていました。

MIHO&TOMさんは、富永悠揮さんと、そのお友だちの〃朗読デュオ〃ですが、富長さんの詩を、MIHOさんが、とても優しい声で詠んでおられて、羨ましかったです。(^^)

ざっとした感想ですが、また主宰の感想が、、詩のあるからだサイトに載ると思います。

――☆――
 

さようならウルトラマン

水尾佳樹


ニュースが嘘っぽいから、
チャンネルを変えると、
『ウルトラマン』の再放送だった。
学校から帰ってきて、
セーラー服のまま おやつを食べていた娘は、
あんなに街を壊して、
「めっちゃくちゃ破壊王だね」と言った。
子どもの頃からファンだった わたしは、
ムッとした。

キッチンのテーブルの、
わたしの隣りに、
ウルトラマンを座らせてみた。
肌の色つやが良くない。
よく見ると、鏡餅のようなひびわれもあって、
所どころペンキで直してある。
左の眼が球切れなのか光っていない。
暗い目玉の奥で、どこから入ったのか、
小さな羽虫が動いている。

妻が、ほうじ茶をマグカップで差し出す。
わたしは、おやつのピーナッツを剥いてやる。
手袋をした指が、いかにも不自由に見えたから。
ウルトラマンは、小さく何かつぶやいて、
豆をつまみながら、茶をすすっている。

怖くて悪い奴を、男の子は待っていた。
だから毎週、怪獣は現れて、
ちっぽけで弱っちい人間は、わーわー逃げて、
ミサイルが飛んで、街が燃え上がって――。

強くてでかい奴を、男の子は待っていた。
怪獣を投げ飛ばし、スペシュウム光線で焼き払い、
学校や病院が壊れても、悪者退治に拍手して、
なんとかキックまねて、
そばにいたオヤジまで蹴飛ばしては、
いつもげんこつをもらっていた。

うちの女の子は、
どこか埠頭の空き地に誘いたいと言う。
怪獣さんに、あらかじめメールして、
ひと気のない草っ原に来てもらい、
一礼してからはじめたら良いと。

ウルトラマンは、
黙って聞いているが、
額に汗がにじんできた。
そう言えば3分、タイムリミットが過ぎている。
妻は、こちらよと言ってベランダの窓を開けるが、
ウルトラマンは、お辞儀して、
玄関から出て行く。
マンションの階段をとぼとぼと降りる足音に、
「さようならウルトラマン」声をかけると
「I am a hero.」綺麗な発音で、
そう言うのが聞こえた。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『詩のあるからだ』 青いノォト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる