青いノォト

アクセスカウンタ

zoom RSS わたしが馬だ。

<<   作成日時 : 2008/02/22 21:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 
画像


 
骨の馬
 
 
どうしたの? 
盗まれたんだろうか、 
街角にぽつんと 
乗り捨てられている自転車を見ると、 
あばらの透けた生き物のようで、 
地面に映った影までやるせない。 
 
子どもが一人で歩けたとき、 
周りの大人は とても喜ぶが、 
初めて自転車に乗れた時にも、 
拍手をして褒められる。 
後ろから押していった手が離れても、 
子どもはゆらゆら 
風をうけて走っていく。 
 
息子の通学用だった自転車を、 
「おさがり」というのか、 
親だから「おあがり」なのか、 
今は、わたしが乗っている。 
青く、くすんだ車体に、 
錆の浮き出たホイール。 
少し曲がったハンドルに、 
大きなカゴが付けてある。 
 
大事にはしていない。 
壊れたら修理はするが、 
たまに雑巾で拭くぐらい。 
夜は吹きさらしの駐輪場。 
わたしと同じ名前が書かれたこの馬は、 
十年間、飼い葉も食べず、 
いななきもしないのだ。 
 
弁当箱をカゴに入れ、仕事場へ出かける。 
路地を抜けて、川べりを通り、 
坂になった橋を渡る。 
ペダルの重さが、 
今日の体の調子を教えてくれる。 
 
空も見ずに、一日働いて外に出ると、 
あ、粉雪が降りしきる夕暮れ、 
自転車は、前輪を傾げて待っている。 
サドルの雪を手袋で払い、 
小さな灯りを点して帰ってくる。 
柔らかい雪道を踏む細い轍が、 
また橋を越え、裸の桜並木を通り、  
ぎっ、ぎっと鳴るペダルの音が、 
わたしの  
ひとりここにいる静けさを、 
教えてくれる。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
わたしが馬だ。 青いノォト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる