青いノォト

アクセスカウンタ

zoom RSS わたしが〃わたし〃だ。

<<   作成日時 : 2008/01/09 19:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 
画像


わたしはなんと呼ばれているか?


 道を尋ねるなど、知らない人に呼び掛ける時、大体は、「すみません」と、声をかけるものですが、たまに変な呼ばれ方をすることがあります。名古屋の地下街で、イラン人風の人にいきなり「あなたは日本人ですか」と尋ねられたことがありました。スーパーの店内で「だんなさん、たばこを一本くださいな」と中年のご婦人にねだられたこともあります。

 男性の呼称

 貴方 あんた 君 自分 そちら てめえ 社長 おとうさん おにいさん 大将 野郎 だんな

 女性の呼称
 
 貴女 お嬢さん 奥さん おばさん おかあさん おねえさん べっぴんさん あま

 二人称には類似したものが多く、方言として一部の地域しか使わないものあるので、現代の話し言葉としては、そんなに豊富なバリエーションはありません。むしろ夫婦間や、家族を呼称するときの方が愉快な言葉が多いようです。

 夫の呼称

 内のひと おじじ おとうさん(とうちゃん) おっとう おやじ  亭主 主人 宅 とと 殿 ぬし ハズ (ハズバンド) 婿 宿六 ダーリン ろくでなし くたばりぞこない



 妻の呼称

 愛妻 悪妻 おっかぁ おかか かかあ マダム 内のやつ よめ  山の神 大蔵省 奥さん お母さん 鬼瓦 おばぁ 家内 后 王女さま まんどころ 愚妻 恋女房 小指(内のこれ) 妻(さい) 人三化け七 化け十 新造 正妻(本妻) 女房 新妻 糠味噌女房 令夫人 


 妻の呼称は大変です。もちあげたり落としたり、いずれも面と向かっては使わない言葉です。『人三化け七』 『化け十』は江戸時代に使われた呼称ですが、面白いので書いておきました。人三……の方は、人間が三割りで、化け物が七割りの器量という意味で、本人が聞いたら離婚確実です。化け十は、混ざりけなしの化け物というものですからこれは。使用上要注意の『劇薬二人称』です。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おたがいをどう呼んでいるか。わたしは呼称をつけて呼んだことがない、ような気がする。
HIRO
2008/01/10 11:31
 うちは、
「おとうさん」「おかあさん」です。
これは、簡略形で、
子ども達の「おとうさん」「おかあさん」という意味で
呼んでいるわけです。
子どもが、全員巣立って行っても、
たぶん、「おとうさん」「おかあさん」でしょう。
うちには、猫の子がいます。
みおよしき
2008/01/10 17:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
わたしが〃わたし〃だ。 青いノォト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる