青いノォト

アクセスカウンタ

zoom RSS わたしがリポーターだ。

<<   作成日時 : 2007/12/24 19:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 
画像


春の歌


リハビリの時間、
ルイさんは
車椅子で ぼんやりしていて、
紙風船はつかないし、
ほかの お年寄りのように
歌ったりもしない。
きれいな白髪。
口紅は細くひいている。

『春の小川』の
合唱が始まる。
手拍子がパラパラ流れていき、
笑い声も混じるのに、
むかし教師だったという
ルイさんは
窓の外を見ていて、
ときどき むつかしい顔をする。

夜、
灯りの消えた〈女部屋〉から、
歌が聞こえてきた。
はりのあるよく通る声で、
ルイさんが歌うのは、
ひとつ 
でたほいの
よさほい節。 
すらすらよどみなく数えて
九つでたほいの 
よさほいのほい
皇后陛下とするときは 
嗚呼 ほいほい
直立不動で せにゃならぬ 
大きな手拍子も聞こえてくる。

〈男部屋〉では
ぼんやりがひどくなった
キイチさんが、
服を脱いで踊り始めて、
そのまま廊下へ
消えた。

ルイさんの部屋で
歓声があがって、
歌がとぎれた。
しばらくすると
次の〈春の歌〉が。
たんたんたぬきの……金時計。
それを見ていた子だぬきは
とうちゃん いいもの もってるね
おっおつ おまえも 下を見ろ
けっこう いいもの ついてるぞ
ルイさんがつづけて
〈アーメン〉と歌いおさめると、
看護婦さんに連れられて、
キイチさんは戻ってきた。

朝の
リハビリで
ルイさんとキイチさんが
並んで座っている。
「たぬきは、仲いいかのう」
「夜、山から 来ますのよ」
「息子は風邪ひいて、
見舞いに来てくれへん」
周りでは、
宝塚の
〈スミレの花〉が歌われている。
ふたりは視線も合わせずに
ゆっくりと、交互に
語っている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
わたしがリポーターだ。 青いノォト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる